社長メッセージ

代表取締役社長 近藤 久高

廃棄物をエネルギーに替える、環境問題の最先端にいます。

当社は、様々な種類のある工業設備の中でも“熱とエネルギー”を中核とした総合プラントメーカーとして、蓄積されたノウハウと高い技術力をもっている会社です。近年では特に、産業廃棄物を焼却する際に発生する熱エネルギーを再利用する“サーマルリサイクル”にも特化。様々な産業における全国の工場から羽田空港などといった公共施設まで、あらゆる場面で私たちの技術が、環境問題・エネルギー問題の解決に向けた大きな力となって活用されています。またこれらの技術開発は、試行錯誤の世界。当社では創業以来約50年という歴史の中で様々な実験と失敗を繰り返し、今日の技術力に至ったという経緯があります。
これから入社する皆さんにも、“失敗を恐れない積極的な行動力”を期待。今後の海外への事業展開も含め、広い視野をもってモノづくりに取り組んでいただきたいですね。

代表取締役社長 近藤 久高